icon_reread
また読みたい
フォロー
グーグーだって猫である1
その日、ペットショップのすみのケージでウトウトしていたひときわ小さく元気のない子猫。それがグーグーでした――。
グーグーだって猫である2
グーグー、ビーに、クロ、そしてホームレスの人からゆずりうけた疥癬だらけのタマ。たいへんながらも4匹との生活に幸せを感じていたが……
グーグーだって猫である3
オオシマさんちにやってきたタマは皮膚病を患っていた。おずおずしてるタマにグーグーが近づきカサブタだらけの頭をペロペロなめた。やっぱりグーグーはどんな猫にもやさしい――。
グーグーだって猫である4
ちょっと戸を開けた隙を突いて、ビーが失踪してしまった! 近所をくまなく探しても見つからない。もしや猫取りに捕まったのでは!? 恐怖に苛まれるオオシマさん――。新旧織り交ぜた猫たちとの心温まる物語。
グーグーだって猫である5
ちょびひげが産んだ、7匹の子猫を育てることになったオオシマさん。ミルクから排泄まで、親猫代わりになって奮闘中! そこにグーグーも参戦してきて・・・!? ほのぼの愛情物語シリーズ第5弾。
グーグーだって猫である6
保護したものの先住猫になじまないキジトラに猫・人間ともども振り回されたり、失踪猫を捜索したり。いつもにぎやかな事件が絶えないオオシマ家に、運命の時がやってきた――。涙と感動の最終巻!