icon_reread
また読みたい
フォロー
私の男~探し求めた肉体~
「その男に会うまで、私は愛を知らなかった…」彼の囁きのひとつひとつが麻理絵の心を酔わし、彼の口づけのひとつひとつが麻理絵を美しくしていく。愛と官能の旋律の物語をいがらしゆみこ先生が熱く描きあげる。