reread
また読みたい
フォロー
34歳。一般に働き盛りと言われる三十代半ば。その人生の最盛期に彼女は色々と思うことあって「1年間何もせずにいよう」と決めます。でもって始まる無職ライフ。新しい掃除機に一喜一憂したり、夜の街に耳を済ませて銀河鉄道に想いを馳せたり…急がず、焦らず、働かずな無職さんの日常をそっと覗いてみませんか?
思うところあって始めた無職ライフ。気楽な生活の中にも、無職だからこそ見えてくる、大人としてちゃんとしているかどうかの境界線。その一線の向こうとこっちを行ったり来たりしながら、日々それなりにがんばっています。
1年間と決めた無職ライフ。のんびりした日常の中でも、泣いたり、怒ったり、笑ったり。30代半ばの女性は、仕事はなくても、いろいろ思うところは多いみたいです。
1年間、何もしないと決めた無職ライフ。ときどき心にトゲがささるようなこともあるけど、あまり気にせず、のんびり、ゆったりマイペース。季節の移り変わりをのほほんと眺めて暮らしています。
自分で決めた1年間の無職生活。ときには元夫と暮らす娘が泊まりにきたり、友達に誘われて飲みにいったり。おひとり様の気楽さを満喫中でも、たまにある人とのつながりが癒しになります。
仕事はなくても、時間はある。実益(ダイエット)をかねたジョギング、なぜかハマってしまった落語鑑賞。おひとりさま用の趣味だけは充実してきましたが、本当にこれでいいのでしょうか……。
しがらみに疲れて無職になったのに、最近またいろんなしがらみが増えてきました。そろそろ次のステップを考えて行動をしていかないといけませんね。
いろいろなことにちょっと疲れて、なにもしないと決めた1年間。本当になにもしなかった長い休日、こんな休みかたも人生には必要なのかもしれません。