icon_reread
また読みたい
フォロー
残響(1)
とある工場町で、漫然と日々を過ごす智(さとる)。彼が暮らす安アパートの隣室には、元ヤクザの老人、瀬川が住んでいた。ある日、瀬川は智に「500万渡すから、自分を殺してくれ」という依頼を受ける。躊躇する智だったが、瀬川から、智の中に巣喰う狂気を見抜かれ、彼自身の心にも変化があらわれはじめ…!? 人間の心の闇と、生き方を問う、超実力派作家、高橋ツトムが挑む新境地、青春逃走物語!!
残響(2)
元ヤクザの老人、瀬川から自分を殺せと言われ、実行した智。死ぬ前の瀬川に託された言葉通り、瀬川が殺した人間の遺族に香典を渡すため、智は組事務所、堂錠会を訪ねるが、そこで暴行を受け、監禁されてしまう。智は堂錠会にいた女装の青年、大悟に金と拳銃を届けさせ、反撃。智と大悟は、ともに逃走することになった。大悟の発案により、二人は大悟の姉を訪問。だが姉は見る影もなく荒んだ生活になっていた… そして、あらたな悲劇と地獄が幕を開ける…!! 超話題!! 高橋ツトムが贈る、渾身の“青春逃走物語”、待望の第2集!!
残響(3)
元ヤクザ、瀬川が殺した人間の遺族に香典を届けるため堂錠会を訪れた智。そこで出会った女装の青年、大悟とヤクザを殺し、大悟の甥の魁也と逃走することに… 次第に家族のように絆を深める三人だったが、香典を渡しに行った二人目の遺族の家で、堂錠会の組長に大悟が殺されてしまった。それを目撃した智は組長への復讐を固く決意し、魁也とともに新宿へ身を隠す。女になりすまし、虎視眈々と組長への復讐を企てる智だったが、警察に指名手配されたことを知り、ついに復讐への第一歩を踏み出す…!!