icon_reread
また読みたい
フォロー
八月光
母の再婚話に反発し、自立を決意した光弥。けれど、写生にきていた裏山で落雷で気を失った光弥が目覚めたとき、目の前には見知らぬ青年がいて、自分をしばらく預かると告げた。しかもその青年の苗字は、母の再婚相手と同じもので…。