icon_reread
また読みたい
フォロー
ケッコーなお手前です。(1)
留学生ユージーンは日本文化に興味しんしん。剣道、柔道、みたいなものだと勘違いし、茶道部を体験することに。最初はたいしたことないと思っていたけど、家元の息子・樹の点てたお茶を飲むと何かが違う…。青春+お茶マンガ、第1巻です♪
ケッコーなお手前です。(2)
留学生のユージーンと、家元の御曹司、樹。正反対の二人は茶道を通して互いの関係を深め合う。そんな彼らに迫る、部活対抗文化祭。茶道部に敵意を燃やす吹奏楽部とも争うことに。茶道部の運命やいかに──。
ケッコーなお手前です。(3)
部長になった樹と、ユージーンたち茶道部メンバーは、文化発表会の茶席に参加することに。和気藹々と準備を進めていた最中、ユージーンの元には、父から帰国を促すエアーチケットが届いて…。茶道を続けたい事、日本に残りたい気持ちを理解してもらうために、文化発表会の茶席に、父を招待しようと決めたけど──。青春茶道部ストーリー、感動の最終巻!!