また読みたい
フォロー
となりの席の吉田くんは入学初日の流血事件以来、一度も学校に来ない……。自分の成績にしか興味のなかった水谷雫(みずたにしずく)はたまたまプリントを届けたため、その吉田春(よしだハル)に勝手に友達認定されてしまう。しかも、春の純粋さを知って優しく接すると今度は告白までされちゃって……!?冷血女子×超問題児。そんな二人が恋をした――!!?新感覚ラブストーリー開幕!
やっかいだ。この怪物も、恋した私も。となりの席の超問題児・吉田春(よしだハル)の純粋さに惹かれて、逆に好きになってしまった水谷雫(みずたにしずく)。しかし、告白の返事はまさかのNO!すべてが予測不能の春の心をとらえるには?少しずつ恋心に目覚めていく雫だけど……!?「私を好きになってもらってからまた言う」――でも、どうやって好きになってもらう?
恋をした。私のほかに、もう一人。となりの席の超問題児・吉田春(よしだハル)への恋心をどうしていいかわからず、逆に封印した水谷雫(みずたにしずく)。自分への好意を隠さない女の子・大島(おおしま)さんの言葉で、雫への恋心をハッキリ自覚したハル。なかなかかみあわない二人の恋のベクトル。だけど、少しずつ変化の兆しも……!
役者は揃った。みんな、恋にはまりだす。となりの席の超問題児・吉田春(よしだハル)への恋心を封印した水谷雫(みずたにしずく)。ギクシャクしたままの日々が続いたけれど、ハルの友達・ヤマケンのアドバイスもあって次第に雫はちゃんと人と向き合おうと変わり始める。しかし、ハルがそのヤマケンを意識しすぎて……!?「ハルのことをちゃんと考える……!」向き合おう。自分に。ハルに。すべてはそれからだ。
友の恋を知り、友の声を聞き、人は前へ進む。ちゃんと人と向き合おうと変わり始めた水谷雫(みずたにしずく)は、ついに、となりの席の超問題児・吉田春(よしだハル)に再告白する。しかしハルは、雫に興味を示す友達・ヤマケンを意識しすぎて、それをまさかのスルー!!全然かみ合わない二人だったけれど、夏目(なつめ)さんの恋が動き始めたことで……?「どうしてこんなにかみ合わない」たぶん何かがズレている。でも戻し方がわからない。
頑張りたい。人が、恋が、私を変える。夏目(なつめ)さん、ササヤン、ヤマケン。それぞれのおかげでちゃんとお互いの気持ちを考えようと変わり始めた水谷雫(みずたにしずく)と吉田春(よしだハル)。まだ変わり始めたことに、二人とも気づいてはいないけど。そんな二人が迎えたバレンタイン……。今まで気持ちを抑えていた大島(おおしま)さんがハルに……!?「私はハルに何かを返しただろうか」思えばいつも彼はそこにいてくれたのに。
「ずっとずっと感じていたい」……名づけるならきっとこれが恋なのだろう。水谷雫の誕生日でもあるバレンタイン当日。吉田春のおかげで気を遣うばかりだった母に電話できた雫は、自分からハルにキスをして再告白。勉強も恋も頑張るために2倍頑張ると決意する。しかし大島さんもハルに告白、ヤマケンも雫を誘おうとし、事態は急展開!?そして夏目さんが……!?
「違う……以前とはちょっとずつ違う。」次はいったいどうなっていくんだろう。――高校2年に進級した水谷雫(みずたに・しずく)と吉田春(よしだ・はる)。クラス替えで一人だけとなりのクラスになったハルは、なかなか馴染めず教室にも入れなかったが、雫の励ましもあって徐々に溶け込むように。そんなハルと以前に比べ通じ合うのを感じる雫だったが、意外な新入生の登場もあって、ついにヤマケンが……!?
「いったい私たちは、何がしたくて付き合ったのだろう――。」高校2年に進級した水谷雫(みずたに・しずく)と吉田春(よしだ・はる)は、長いすれちがいの末に付き合い始めることになったが、雫はなかなか付き合った実感を得ることができない。そしてハルと何も変わりがないままの夏休み。ついに2人にも、そして周りにも、大変化が……!!?――「私たちの恋はまだ始まったばかりなのだ」
「彼はいったいなんなんですか。なぜこんな所にいるんですか――。」長いすれちがいの末に付き合い始めることになった水谷雫(みずたに・しずく)と吉田春(よしだ・はる)。なかなか付き合った実感を得ることができなかった雫……だけど高2の夏休みにやっとハルと一緒にいるよさが実感できて順調な日々。でも、吉田家に何かあったらしく、今まで聞きたくても聞いてこなかったことが気になり始め……!?