あらすじ

草壁警察署“迷宮課”課長の鳥居勘三郎は、43歳バツイチ独身ながら、地主の大金持ち。趣味で警察官をやっているような男だったが、ひとたび迷宮事件に向き合うと「真相」を見抜く力を発揮する。そんな鳥居の姿を度々目にするうちに、新人婦警、七尾洋子の心境にも変化が……。そんな折、洋子の異変に気付いた鳥居が水を向けると、思わぬ依頼が飛び込んで来た。洋子の父親である署長の浮気を暴いて欲しいというのだが……!?