reread
また読みたい
フォロー
『スケバン刑事』『超少女明日香』シリーズなど数々のヒット作を生み出してきた和田慎二と、緻密かつ美麗なタッチで独特の作品世界を描く衣谷遊による夢のコラボレーション。分厚い壁さえも貫通させる隠し武器・涙弾(ティア・シューター)を駆使し、えん罪の人間を救う美青年・白川龍人(通称、白龍)。そんな彼の元に、かつて救った中華料理屋の男の紹介状を携えて一人の少女が駆け込んできた。「助けて…下さい…お願いします!!」。テディベアのぬいぐるみを抱え、ボロボロになりながら白龍の前に手をついて助けを乞う野沢亜耶香に怪訝なまなざしを向けるが……。依頼人を自分の目で選別し、気に入らない依頼は引き受けない白龍の活躍が始まる!!
両親を惨殺され、黒竜に追われていた野沢亜耶香を救って以来、生活を共にするようになった白川龍人(通称、白龍)と亜耶香。そんなある日、亜耶香と共に外出した龍人は駆け付けてきた刑事に逮捕されてしまう。亜耶香の目の前で手錠をかけられる龍人だったが、それは新たなミッションへの第一歩だった。忘れヶ崎刑務所に収監された白龍は、株券や小切手などありとあらゆる贋作の原版を作り続けてきた贋作師・平山政吉を救出し、海外へと逃亡させる依頼を遂行するべく行動を開始するのだが……。
忘れヶ崎刑務所に潜入し、贋作師・平山政吉を塀の外に出すことに成功した白川龍人(通称、白龍)。しかしその途上、ヘリコプターとともに現れたギネヴィアにより平山を拉致されてしまう。平山の足跡を追いカナダ・アルバータ州に渡った白龍と野沢亜耶香は、ギネヴィアの弟・アーサーの計略により窮地に陥る。からくもその罠から脱け出した白龍と亜耶香だが、雪山の洞窟に閉じ込められてしまい……。「最も残酷で美しいショーの始まりだぜ……」。そう不敵につぶやくアーサーは、白龍との対決を楽しむかのように2人が閉じ込められた洞窟の入口に立ち、白龍が出てくるのを待つ。「3分だけ待ってやる!!」と叫びながら……。日本、カナダ、ヨーロッパと舞台を移しながら描かれてきた冥き瞳の死美獣(キメラ)編・最終章に加え、龍人と亜耶香のその後を描いたラストエピソードを収録!!