あらすじ

陸の兄である九龍(クーロン)がバロンたちの前に現れ、陸を連れて行こうとする。九龍の力に圧倒されるバロンたちだったが、水野が九龍を銃で撃ち、連れ去ってしまう。そして、水野は九龍の体内に爆弾を埋め込み、自分とリンクさせる。