また読みたい
フォロー
中学全国大会を目標としていた沢村栄純(さわむら・えいじゅん)。最後の大会は自らの暴投で敗退してしまう。仲間とともに高校でリベンジを誓うなか、名門、青道高校野球部からスカウトが来る。見学に訪れた沢村は、いきなりエリート校の洗礼を受けることに!名キャッチャーの呼び声高い御幸一也(みゆき・かずや)との出会いが沢村の高校野球への情熱を目覚めさせる!!
名門、青道高校に入学した沢村栄純(さわむら・えいじゅん)。初日の寝坊で監督の逆鱗に触れ、最悪のスタートを切った。名誉挽回とばかりに息巻く沢村だが、遠投勝負で結果も出せず「投手は諦めろ!」と宣告されてしまう。実力者揃いの青道野球部では、一軍への道のりは果てしなく遠い!!ひたすらエースを目指す沢村の前に、さらに強力なライバル、降谷暁(ふるや・さとる)が登場!!
「エース不在」の青道高校で、1年生からも投手を発掘するために組まれた上級生との試合。圧倒的な上級生の力になす術もない1年生チームの雰囲気を変えたのは沢村栄純(さわむら・えいじゅん)だった!勝利への執念を見た監督は沢村にマウンドへ上がるよう指示。待ちに待った登板に燃える沢村だったが、同室の先輩・増子(ますこ)との真剣勝負にレギュラーどりの厳しさを思い知る……!?
多数の部員を擁する青道高校野球部でなんとか二軍昇格を果たした沢村栄純(さわむら・えいじゅん)。さらに上を目指し、3年生キャッチャー・クリスとともに夏までのレベルアップに励む!しかし、自分のピッチングの“持ち味”が何なのか分からないまま一軍への生き残りレースは激化していく……!
残り2つの一軍昇格枠をかけた二軍最後の練習試合、対黒士館戦!!クリスの出場で、沢村栄純(さわむら・えいじゅん)は投手としてさらなる進化を遂げ、試合の流れも青道ペースに!!だが、クリスを知る敵ベンチの男・財前の策で、沢村とクリスのバッテリーは窮地に追い込まれ……!?
一軍昇格を果たした沢村栄純(さわむら・えいじゅん)は、その責任と重圧を感じながら、地獄の夏合宿を迎える!壮絶な練習量についていくのがやっとの1年生トリオは、先輩たちの必死の努力に、なみなみならぬ「覚悟」を痛感させられる。そして合宿の仕上げとして組まれた練習試合で降谷(ふるや)、沢村の登板が決まった……。
強豪校、大阪桐生との練習試合。相手のエースを三振に取り、試合の流れを一気に引き寄せた降谷暁(ふるや・さとる)と御幸一也(みゆき・かずや)。その後を引き継ぎ、ついに沢村栄純(さわむら・えいじゅん)の出番が来た!!青道に入るきっかけとなった御幸に「自分を認めさせたい」という強い思いで投げる沢村。マウンドで確かな成長を見せるも、新たな課題に気付くことに……!!
合宿最終日の練習試合。エースとして覚醒しつつあった丹波(たんば)を魔の一球が襲う!!丹波が戦線離脱を余儀なくされ、チームに走る動揺。緊急事態で1年の沢村栄純(さわむら・えいじゅん)の双肩にも重圧がかかり……。青道、エース不在の危機――。それでも夏は待ってくれない!この苦難をチーム一丸となって乗り切ることができるのか!?いよいよ、甲子園予選開幕!!
甲子園への長き道程。エース不在という不安要素を抱えながらも、名門復活を賭けた青道(せいどう)高校の地区予選大会がスタート!初戦では降谷(ふるや)の先発に続き、沢村も堂々公式戦デビューを果たした。続く3回戦も圧勝し、好調な滑り出しの青道。だが、次の相手は完璧な制球力で精密機械の異名をとる楊投手擁する明川(あきかわ)学園!初回、降谷の弱点を突き、先取点を奪わんと牙(きば)を剥(む)く!!青道打線vs.精密機械・楊舜臣(よう・しゅんしん)、ベスト8を懸け、激突!!
地方予選4回戦。冷静に青道(せいどう)を攻略する明川(あきかわ)学園・楊(よう)!青道は痛恨の先取点を許し、明川学園必勝パターンに引きずり込まれる。同時に夏の日差しが、先発・降谷(ふるや)の体力を限界に追い込み……。「最後まで投げぬきたい!」――仲間の声援に応えようと執念を燃やすもピッチャー交代の声が……!降谷の悔しさを引き継ぎ沢村がいよいよ、登板!!この継投で、流れを変えることができるか――。