icon_reread
また読みたい
フォロー
ロジック (1)
絵を描くことに情熱が持てず、くすぶった毎日を送る三流美大生のマサ。そんな彼にいろいろ秘密で魔女っぽい1年生の女の子・葵衣が話しかけてきた‥そしてマサのスケッチブックを見た彼女から出たのは「弟子にしてほしいんです!」という予想外のセリフ! 部屋から出ることさえ億劫だった少年は、葵衣との出会いをキッカケにもう一度絵と向き合うことが出来るのか? 魔女に魔法をかけられた、とある美大生の青春が今はじまる!
ロジック (2)
「良い絵が描けないなら 先生といる意味がないんですよ…」三流美大生・マサは、自らを先生と慕う葵衣の目の前で画廊のオーナー・総司から挑戦を受ける。その内容は15万円を賭けて、グループ展示で売れる作品を描くこと!友人や先輩、弟子の葵衣にも突き放され、初めて1人で立ち向かう事になった1枚のキャンバス。誰の力も借りず、自らの意志で筆をとるマサは展示に向けて“良い絵”を描き上げることが出来るのか!?
ロジック (3)
「君には教えてあげない…僕と彼女だけの秘密だから」画廊のオーナーからの挑戦を受け、はじめて展示する絵を描き切った三流美大生のマサ。ホッとした所に突きつけられたのは、自らを先生と慕う葵衣の謎めいた過去だった。唯一残された記憶、人に言えない仕事、そして一冊のスケッチブック…何も教えてくれない弟子の過去を、何も知らないマサが紐解く!
ロジック (4)
「過去を知らないからこそ私は過去に縛られてるの」三流美大生のマサは自らを慕う葵衣に記憶がないことを明かされる。過去への手がかりはスケッチブックに描かれた絵だけ…??
ロジック (5)
学園祭でついに葵衣ちゃんはお父さんと再会を果たすのか? そして、マサとの恋の行方は? 美大生たちの日常を描いた青春ラブストーリー完結編! 3年卒業後のマサと葵衣、仲間たちの姿も必見です!!