新選組刃義抄 アサギ(1)
アサギの色に身を包み、己が刃に義を掲げ、疾風の如く幕末乱世を駆け抜けた『新選組』。“誠ノ武士道”に咲き誇り、“鮮血ノ修羅道”に散った彼らの生き様が、今ここに、新抄として紡がれる──。
新選組刃義抄 アサギ(2)
京都残留を賭けた容保の警護。怒りに燃えた総司が以蔵を追い込む!果たして任務達成なるか――?そして、試衛館一門を覆うさらなる受難。哮る狼・芹沢鴨の悪しき所業が始まる…。
新選組刃義抄 アサギ(3)
壬生浪士の頭目を巡り、衝突する近藤・芹沢の両一派。そんな彼らに向けられた謎の刃…。目論みの連鎖で回り始めた歯車は、歪み軋んだ顛末を迎える──…。
新選組刃義抄 アサギ(4)
壬生浪士を掌握した豺狼・芹沢を前に、行路に翳りを帯びる試衛館の面々。そんな中近藤は、隊統一の羽織を提案するが…。近藤が貫かんとする愚直なまでの志に、慙愧の念なき狼が、容赦なく爪を立てる…。
新選組刃義抄 アサギ(5)
約束の羽織の完成前に、倒れてしまったなつ。なつがため…近藤が貫く誠は、意外な結末を導く――。そして、壬生浪士に絡み始める宿命の糸。剣の道を疑う龍馬、“天啓”に殉ずる以蔵。総司が抱く決意の燐光は、活路を照らし出せるのか…。
新選組刃義抄 アサギ(6)
桂の策略が公卿・姉小路公知へと忍び寄る中、公知の警護を任された壬生浪士。そして、暗殺の刺客に以蔵と斎藤が放たれる。激突する沖田と以蔵、その傍らに音なく光る斎藤の裏切りの刃…。血塗られた現場で迎える予期せぬ事態とは!?
新選組刃義抄 アサギ(7)
壬生浪士の警護する公卿・公知が暗殺される。暗い目論見にいざなわれ、その下手人とされた新兵衛・以蔵の辿る末路とは――。そして、新隊士を迎えた壬生浪士では、土方が発表したある四箇条が波紋を呼び…?
新選組刃義抄 アサギ(8)
近藤一派と芹沢一派の対立はいよいよ激化。土方の思惑により束ねられた糸が、ただ一点、芹沢粛清へと紡がれた時、狂気を纏った狼は、哀しく牙を剥く…。誓いの名『新選組』を掲げるために、最後の一閃が闇にきらめく――。
また読みたい
フォロー