icon_reread
また読みたい
フォロー
猫なんかよんでもこない。
ほんとうにあった、猫と男の物語!ブアイソウな黒猫と暮らすことになった、プロボクサーのオレ。猫なんか大嫌いだったが、ボクシングの夢が断たれたあと、オレを頼ってくれたのは、このちっぽけな猫だけだった……。
猫なんかよんでもこない。その2
マンガ家になって友達づきあいが増え、「そろそろ彼女も……」と忙しいオレに、だんだんチン子は嫉妬をむきだしにするようになる。オレには友達も母親もアニキもいるけど親も兄弟も仲良し猫もいないチン子にはオレしかいなかった。そんなある日、雨の中で泣いているどこかの子猫の声を聞いたオレはチン子が怒るとわかっていながら、いてもたってもいられず……。クソッ猫なんか好きになったばっかりに!
猫なんかよんでもこない。その3
夢やぶれた日も、泣きたい夜も、オレのそばにはずっとあいつがいてくれた……。全国の猫好きファンに贈る、ほんとうにあった猫と男のものがたり。オレはひろった子猫をポコと名付けた。チン子は猫のくせに猫ギライで、ポコが近付くとシャーシャーと威嚇しまくるため、こっそりとポコの里親探しをはじめたが…。シリーズ第3弾。
猫なんかよんでもこない。その4
涙と笑顔の最終巻!ついに、「そのとき」がやってきた。チン子が生きた18年の命の輝きを、オレは見届ける。雪の日にアニキにひろわれた2匹の猫。ときには泣きながら、ときには笑いながら、オレたちはいつも一緒だった。クロが死に、オレは漫画家になり、結婚し、子どもが生まれ、生活も場所も変わったがオレとチン子の関係はずっと変わらなかった。そんなチン子とオレにとって、大きな変化がおとずれた。チン子はもう17歳。人間でいえば80歳を越え、オレも40歳を過ぎて鼻毛に白髪がまじるようになってきた。このままチン子がいなくなったらどうしよう。仕事も金もなにもなくオレにはチン子しかいなかった。チン子にたよっていたのはオレのほうだった。
猫なんかよんでもこない。その後 公式ファンブック
ブアイソウな猫たちと、ブキヨウなボクサー。ほんとうにあった、涙と笑いの物語。2015年10月テレビアニメ放送開始、2016年1月実写映画公開の話題作! ●4巻の続きとなる『猫なんかよんでもこない。その後』 ●フルカラー特別編『ポコのゆめ』 ●コミックス初収録『チン子のいた日々』『チンとクロとテツ』『漁師ニャア丸』『A太とP子』 ●杉崎守(アニキ)19年ぶりの漫画作品『チンとクロとミツオ』などなど、フルカラー48ページ、漫画90ページと読みごたえたっぷり。さらに、映画化記念特集として、●杉作×山本透(映画監督)の映画制作秘話対談 ●クロ、チン、ポコ写真集 ●人気キャラクター投票結果発表 と、『猫よん』ファンなら大満足まちがいなしの豪華仕様!