あらすじ

強引に体を重ねようとする星(しょう)に、怖い気持ちを素直に伝える優子。「他の男がそばにいたほうがいいに決まっているから」―――自分が選ばれないかもしれない不安を抱える星に、優子は寄り添って眠り一晩を明かす。一方、ふたりの会話を盗聴していた皇社長は、優子と星への嫌がらせを本格化し…!?