あらすじ

気持ちをたしかめあった優子と星(しょう)だが、星に対し異常な執着をみせる事務所社長・皇がついに優子の元へ。一方的に語られる星の衝撃の過去―――そして何より大切にしている「小説」を優子から奪おうとするが!?