icon_reread
また読みたい
フォロー
レ ミゼラブル 1巻
世界中で児童書、舞台、音楽、映像となり、様々な形で愛されてきた人間賛歌。だが、文豪ヴィクトル・ユーゴーが執筆した「原書」はあまりの難解さに読破が難しいと言われ続けてきた。その「原書」の物語に、俊英・新井隆広が挑む!!誇り高き人々が命を懸けて果たした“使命”。圧倒的スケールの物語が、超絶筆致で「完全」に蘇る!!堂々の第1巻!
レ ミゼラブル 2巻
世界中で児童書、舞台、音楽、映像となり、様々な形で愛されてきた人間賛歌が、150年の時を越え、俊英・新井隆広の手により蘇る!!
レ ミゼラブル(3)
世界中で児童書、舞台、音楽、映像となり、様々な形で愛されてきた人間賛歌が、150年の時を越え、俊英・新井隆広の手により蘇る!!
レ ミゼラブル(4)
世界中で児童書、舞台、音楽、映像となり、様々な形で愛されてきた人間賛歌が、150年の時を越え、俊英・新井隆広の手により蘇る!!
レ ミゼラブル(5)
世界中で児童書、舞台、音楽、映像となり、様々な形で愛されてきた人間賛歌が、150年の時を越え、俊英・新井隆広の手により蘇る!!
レ ミゼラブル(6)
世界中で児童書、舞台、音楽、映像となり、様々な形で愛されてきた人間賛歌が、150年の時を越え、俊英・新井隆広の手により蘇る!!
レ ミゼラブル(7)
運命を嘆く者、運命に絶望する者、運命を切り開こうとする者… それぞれの思惑を胸に抱きパリーの中心コラント亭へと集う。マリユスとヴァルジャンもまた、防塞にて思わぬ再会と別離を果たし… 自由と平等を求めた若き革命家たちの戦いの行く末は…!?
レ ミゼラブル(8)
長き革命の一夜が過ぎ、祝祭の朝が訪れる。パリの街は謝肉祭に沸き、コゼットとマリユスはついに結ばれ幸せの絶頂にあった。そんな中、最愛のコゼットの幸せを願うヴァルジャンは一人暗闇へと身を引くのだった。宿敵テナルディエによって全ての真実が明らかになる時、数奇な運命をたどった哀れな男の物語は終幕へと向かう―――