あらすじ

長き革命の一夜が過ぎ、祝祭の朝が訪れる。パリの街は謝肉祭に沸き、コゼットとマリユスはついに結ばれ幸せの絶頂にあった。そんな中、最愛のコゼットの幸せを願うヴァルジャンは一人暗闇へと身を引くのだった。宿敵テナルディエによって全ての真実が明らかになる時、数奇な運命をたどった哀れな男の物語は終幕へと向かう―――