icon_reread
また読みたい
フォロー
燃える秋(1)
新進気鋭の作曲家・在原業(ありわらごう)と、世間をにぎわす新星プリマドンナ・小野マチコ――。二人が出会ったのは偶然ではなかった……!?千年も昔の“業(ごう)”が生み出した鬼・現羯磨(あらかつま)が、現世で二人を引き合わせる。悠久の時を越えた運命の向かう先にあるものとは……!?
燃える秋(2)
小野マチコが失踪した舞台の日以来、正気を失っていた業(ごう)は千里(ちさと)が暮らす家で目覚めた。業とマチコの現羯磨(あらかつま)による運命的な関係を聞いた千里だったが、それでも業を愛することを決意する。そんななか、俳優や演出家の男性が相次いで遺体で発見されるという事件が発生し……。
燃える秋(3)
現羯磨(あらかつま)は本来、誰もが持っているもの。そしてその源は、人間の愛情。――千年の時を越えて甦(よみがえ)った業(ごう)とマチコ……。果たして、二人の現羯磨はお互いを求め合っているのか、それとも殺し合おうとしているのか……?そしてついに同じ舞台に立った二人は……。待ち受けるのは衝撃のラストシーン!!