reread
また読みたい
フォロー
リュウマのガゴウ(1)
人類が圧倒的弱者となった世界。【白皮】と呼ばれる化け物に怯え暮らす人々の唯一の希望は、かつて世界を救ったという英雄【リュウマ】の存在。今は「おとぎ話」の世界にしか見られない、はるか昔の英雄の名に縋り人々は生きていた…。しかし、【白皮】に蝕まれ孤立し滅ぶ道しか遺されていなかったとある山間の村に、【リュウマ】を名乗る人物が現われ…!?
リュウマのガゴウ(2)
人類が圧倒的弱者となった世界。【白皮】と呼ばれる化け物に怯え暮す人々の唯一の希望は、かつて世界を救ったという英雄【リュウマ】の存在。ニセ【リュウマ】を名乗り盗賊団を仕切っていたボスは本物の【リュウマ】と出会い、旅を共にすることに。巨大化したボス団は、ついに【世界の枝】を折りにいくがそこには、この世のわざわいのすべて…「災厄」の【ジン】の姿が!?
リュウマのガゴウ(3)
人類が圧倒的弱者となった世界。【白皮】と呼ばれる化け物に怯え暮らす人々の唯一の希望はかつて世界を救ったという不老不死の英雄【リュウマ】の存在。人類最後の砦【王都ミズガルズ】では、王が永く善政を布くも人々が最期に呼ぶ名が【リュウマ】である事に倦み疲れていた。【ボス】の死を知り【リュウマ】を継いだ青年は、【白皮】との戦いに敗れ一度はその名を捨てるも、ある町で【ボス】の武器を振るう女と出会い!?
リュウマのガゴウ(4)
人類が圧倒的弱者となった世界。【白皮】と呼ばれる化け物に怯え暮らす人々の唯一の希望はかつて世界を救ったという不老不死の英雄【リュウマ】の存在。多くの者がその【希望】を守るため、【リュウマ】の名を継ぎ繋ぎ死んでいった。新種の【白皮】に襲われ、未曾有の危機に陥った王都【ミズガルズ】。人の知恵を盗み、恐怖を利用し、怒濤の侵略を見せる新種に王立軍【ブシドー】の10蓮隊将が各地から集められるが…? そして【リュウマ】の名を捨て王の元に下ったヤツハは!?
リュウマのガゴウ(5)
人類が圧倒的弱者となった世界。【白皮】と呼ばれる化物に怯え暮らす人々の唯一の希望は、かつて世界を救ったという不老不死の英雄【リュウマ】の存在。多くの者がその【希望】を守るため、【リュウマ】の名を継ぎ死んでいった。新種の【白皮】と【厄災のジン】の襲来を受け、壊滅状態の王都【ミズガルズ】。かつて人を見捨て逃げ出した元【リュウマ】…ヤツハが取る最終手段とは!? 王都【ミズガルズ】編…佳境!!
リュウマのガゴウ(6)
人類が圧倒的弱者となった世界。【白皮】と呼ばれる化物に怯え暮らす人々の唯一の希望は、かつて世界を救ったという不老不死の英雄【リュウマ】の存在。多くの者がその【希望】を守るため、【リュウマ】の名を継ぎ死んでいった。かつて【リュウマ】を名乗るも【ジン】の恐怖の前に屈したヤツハは、新種の【白皮】に襲われ壊滅状態の都を救うため、再び世界の厄災【ジン】の前に立ちふさがるが!? そして受け継がれゆく【リュウマ】という英雄の名にまつわる始まりの物語が幕を明ける…!!
リュウマのガゴウ(7)
人類が圧倒的弱者となった世界。【白皮】と呼ばれる化物に怯え暮らす人々の唯一の希望は、かつて世界を救ったという不老不死の英雄【リュウマ】の存在。多くの者がその【希望】を守るため、【リュウマ】の名を継ぎ死んでいった。ミズガルズでの戦闘を終えたヤツハたちは海上都市・シンクシティにて折れた枝の資源を回収する【ディスポーザー】として暮らすも、そこに再び白皮とジンの影が忍び寄り…?
リュウマのガゴウ(8)
生態系が崩壊した世界。「白皮」と呼ばれる化け物に人々は怯えながら暮らす中、民を支える唯一の希望となる英雄たちは、「リュウマ」という名を継いでいた。今回リュウマの名を継ぐのは子供!? 壊れた世界を舞台に繰り広げられる英雄たちのストーリー!
リュウマのガゴウ(9)
白皮と呼ばれる化け物に人々は怯えながら暮らす中、民を支える唯一の希望となる英雄達は「リュウマ」という名を継いでいた。そして千年後。リュウマの刀と白皮の力を持つ女とミズガルズ王との間に生まれた少年がリュウマになり…!? 壊れた世界を舞台に繰り広げられる英雄達のストーリー!
リュウマのガゴウ(10)
白皮と呼ばれる化け物に人々は怯えながら暮らす中、唯一の希望となる英雄達は「リュウマ」という名を継いでいた。新種の白皮が人類を襲う中、まだ争い続ける神州倭とミズガルズ。人と白皮の間に生まれたリュウマは最後の決断を下す。英雄達のストーリー遂に完結!!!