icon_reread
また読みたい
フォロー
黙って俺に溺れてろ~傷心女子、二度目のオフィスラブ(1)
「俺に溺れたら辞職撤回しろ」痺れるような快感にとろける思考。鬼上司の強引な手つきに乱されて…――「契約社員なんてヤって捨てるにはちょうどいい」とフラれた結菜。もう仕事は辞めようと決めた時、元上司・沖元さんが転勤から帰ってくる。普段は厳しい鬼上司なのに、優しく悩みを聞いてくれて…。退職前に話ができてよかったと話していると、「忘れさせてやる」といきなりキスされて――「俺はお前を手放すつもりなんかねぇんだよ」不敵に笑って、私を弄ぶ長い指…このままじゃ本当に―…
黙って俺に溺れてろ~傷心女子、二度目のオフィスラブ(2)
「俺に溺れたら辞職撤回しろ」痺れるような快感にとろける思考。鬼上司の強引な手つきに乱されて…――「契約社員なんてヤって捨てるにはちょうどいい」とフラれた結菜。もう仕事は辞めようと決めた時、元上司・沖元さんが転勤から帰ってくる。普段は厳しい鬼上司なのに、優しく悩みを聞いてくれて…。退職前に話ができてよかったと話していると、「忘れさせてやる」といきなりキスされて――「俺はお前を手放すつもりなんかねぇんだよ」不敵に笑って、私を弄ぶ長い指…このままじゃ本当に―…
黙って俺に溺れてろ~傷心女子、二度目のオフィスラブ(3)
「俺に溺れたら辞職撤回しろ」痺れるような快感にとろける思考。鬼上司の強引な手つきに乱されて…――「契約社員なんてヤって捨てるにはちょうどいい」とフラれた結菜。もう仕事は辞めようと決めた時、元上司・沖元さんが転勤から帰ってくる。普段は厳しい鬼上司なのに、優しく悩みを聞いてくれて…。退職前に話ができてよかったと話していると、「忘れさせてやる」といきなりキスされて――「俺はお前を手放すつもりなんかねぇんだよ」不敵に笑って、私を弄ぶ長い指…このままじゃ本当に―…
黙って俺に溺れてろ~傷心女子、二度目のオフィスラブ(4)
「俺に溺れたら辞職撤回しろ」痺れるような快感にとろける思考。鬼上司の強引な手つきに乱されて…――「契約社員なんてヤって捨てるにはちょうどいい」とフラれた結菜。もう仕事は辞めようと決めた時、元上司・沖元さんが転勤から帰ってくる。普段は厳しい鬼上司なのに、優しく悩みを聞いてくれて…。退職前に話ができてよかったと話していると、「忘れさせてやる」といきなりキスされて――「俺はお前を手放すつもりなんかねぇんだよ」不敵に笑って、私を弄ぶ長い指…このままじゃ本当に―…
黙って俺に溺れてろ~傷心女子、二度目のオフィスラブ(5)
「俺に溺れたら辞職撤回しろ」痺れるような快感にとろける思考。鬼上司の強引な手つきに乱されて…――「契約社員なんてヤって捨てるにはちょうどいい」とフラれた結菜。もう仕事は辞めようと決めた時、元上司・沖元さんが転勤から帰ってくる。普段は厳しい鬼上司なのに、優しく悩みを聞いてくれて…。退職前に話ができてよかったと話していると、「忘れさせてやる」といきなりキスされて――「俺はお前を手放すつもりなんかねぇんだよ」不敵に笑って、私を弄ぶ長い指…このままじゃ本当に―…