あらすじ

ヒデヨシ宛にタクマから、助けを求める手紙が!アタゴオルの仲間たちは、急いで海底島に向かいます。島の住民を脅かすタルダリ大帝に立ち向かえるのはヒデヨシしかいないってホント?『タルダリ大帝1~3』。大作家クラヤモル氏が探す「ミイト緯度の指」とはなんのこと?『ミイト緯度の指Vol.1~3』。香り屋もびっくりするくらい素敵な謎の香りと、ヒデヨシが愛用するクサヤ葉巻のこの世の物とは思えない悪臭との関係は?『SMELL』。