10/28(木)まで
icon_reread
また読みたい
フォロー
怪力の母 1巻
名将・北条氏康の重臣・清水康英は伊豆軍団の総大将。そして、その妻・寿は類い希なる怪力の持ち主だった。心優しく、頭の良い寿は領民たちにも慕われていて…。人生如何に生きるべきかを問う、強く優しく、戦国の世を生き抜いた武将の妻の物語!!
怪力の母 2巻
夫の留守中、寿は伊豆を守るため女水軍を結成したが、寿に従うものはごくわずかな者だけだった。領民の信頼を取り戻すため、領民と同じ髪形に変え、返事がなくても笑顔で領民に声をかけ続ける寿だったが…。
怪力の母 3巻
寿の息子・清水又太郎は城主になることを嫌がって伊豆を逃げ出し、松永久秀の屋敷で四曲半双屏風に絵を描いていた。再び伊豆へ戻った又太郎を待ち受けていたのは、厳しい父と優しい母・寿だった…。戦国の世をたくましく生き抜いた武将の妻の物語。完結!!