icon_reread
また読みたい
フォロー
暁花薬殿物語 一
帝の正后候補に数合わせで入内することになった、下級貴族出身の暁下姫・千古。持ち前の薬の知識を生かして帝を遠ざけていたにもかかわらず、最初の「お渡り」を受けたうえ、宮廷を巡る陰謀にまで巻き込まれ…。
暁花薬殿物語 二
正后第一候補となった千古は、ほかの后候補からの嫌がらせをかわしつつ持ち前の薬の知識と利発さで帝の信頼をゆるぎないものにしていた。ある日、帝の夕餉に不信感を覚えた千古は自ら毒見をするが、直感は的中し…。