icon_reread
また読みたい
フォロー
九十九眠る しずめ(1)
時は明治。文明開化も曙(あけぼの)の帝都・東亰(とうけい)の闇を払うべし!魔を鎮めるは16歳の乙女、倉橋しずめ。京の陰陽師・倉橋彦文(くらはし・ひこふみ)と、神を呼びおろし憑依(ひょうい)させ能力をふるう修験者、御法実(ごぼうざね)の母の間に生まれし娘。帝都にはびこる化け物に、密偵・乾虎源太(トラゲン)と一緒に立ち向かえ!!
九十九眠る しずめ(2)
九十九神(つくもがみ)の力をその身に宿した少女・倉橋(くらはし)しずめと、密偵・乾虎源太(トラゲン)は、帝都・東亰(とうけい)にはびこる闇を退治する“怪異見廻組(かいいみまわりぐみ)”を結成、化け物退治に乗り出した。しかし、そんな彼女の力をねらう謎の一団・東方支天衆護神民(とうほうしてんしゅうごしんみん)の刺客が次々と襲い掛かる!!
九十九眠る しずめ(3)
相棒である密偵・乾虎源太(トラゲン)を、東方支天衆護神民(とうほうしてんしゅうごしんみん)にさらわれてしまった九十九神遣いの倉橋しずめ。「彼を失っては生きていけない!」そう思ったしずめは、全力をかけてトラゲンを守ろうと誓う。しかし彼は、支天衆の手によって朱雀(すざく)に寄生されてしまった!!彼を助けるため、若き日の南方熊楠(みなかた・くまぐす)とともに巨大な敵に挑む!!