ツマヌダ格闘街(1)
八重樫ミツル、18歳。イラストレーターを目指して上京したが、住もうと思った妻沼田市は町おこしの為、ストリートファイトを制度化した変わった所だった。謎のメイド・ドラエと出会い、その導きのもと、格闘技の世界に足を踏み入れたミツルの運命は……!?上山道郎が満を持して放つ実践格闘アクション!!
ツマヌダ格闘街(2)
八重樫ミツルはイラストレーター志望の18歳。しかし住居に定めた妻沼田市はストリートファイトを制度化した街だった!謎のメイド・ドラエさんから「明道流柔術」を学ぶ事になったミツル。ドラエさんのちょっと不思議な指導の下、(意外にも)連戦連勝を重ねて行くミツルだが、それを知って上京してきた妹・ラミィに格闘技を辞めるように迫られて…!?
ツマヌダ格闘街(3)
ストリートファイトを制度化した「ツマヌダ格闘街」で順調に勝ち星を重ね、いよいよプロリーグ昇格が視野に入ったミツルとジロー。ふたりの個性に注目したTFTC専務理事・御名本裕子が提示してきた条件は、2対2の変則タッグバトルに勝利する事だった!「多人数での戦い」という未知なる戦闘に対してドラエが講ずる秘策とは?実践派武術アクション、ますます好調の第3弾!
ツマヌダ格闘街(4)
ストリートファイトを売りにするする街「ツマヌダ」で戦う主人公、八重樫ミツルは、ロシア生まれのメイド・ドラエから、明道流柔術を学んでいた。同居している拳友、太極拳の王ジロー共々、プロリーグへの昇格を果たすが……!?今回は、互いの格闘家としての試練と、それぞれの家族が描かれる実践派武術アクション。さらに絶好調の第4巻です!!
ツマヌダ格闘街(5)
路上格闘が公認・制度化された「格闘の街」妻沼田市。ロシア生まれの謎のメイド・ドラエから「明道流柔術」の指導を受ける八重樫ミツルは、まったくの素人からわずか半年の鍛錬で、プロ格闘家試験に合格した。格闘に反対していた両親からどうにか承認も得て、いよいよエキスパートリーグでの第1戦を迎える事となったミツルだが、その対戦相手はドラエの想定を上回る強敵で……!?怒濤の第5巻、プロ編開幕!!
ツマヌダ格闘街(6)
ツマヌダ格闘街(ファイトタウン)!!町おこしのため、ストリートファイトを興行として制度化し、成功させた千葉県・妻沼田市。ここを舞台に、全くの素人ながら、わずか半年の鍛錬で、プロ格闘家になった主人公・八重樫ミツルは明道流柔術の師・ドラエをはじめ様々な出会いを経て成長。だが、実力派の新星・衛府流空手の鷹羽和義との対戦を控え、ドラエが意外な行動に……!?実践派武術活劇第6巻!!
ツマヌダ格闘街(7)
千葉県妻沼田(ツマヌダ)市は町おこしでストリートファイトを興行化して成功させた変わった所。ここを舞台に、全く素人ながら、わずか半年の鍛錬でプロ格闘家になった主人公・八重樫ミツルは明道流柔術の師・ドラエをはじめ様々な出会いを経て成長していく。新星の空手家・鷹羽和義との対戦を見据え、修行を重ねたミツルは、遂にある境地に!?新たなライバルも登場しして、ターニングポイントとなる、実践派武術活劇第7巻!!
ツマヌダ格闘街(8)
ストリートファイトを制度化した「格闘の街」妻沼田(ツマヌダ)市で、謎の達人メイド・ドラエさんの指導のもと、八重樫ミツルは確実に成長を続けていた。そこに現れた新たなライバル・カイン王子が自らも参戦する「王子杯トーナメント」を開催。ミツルをはじめとする実力派ファイターたちが一堂に会するその中に、太極拳士ジロー・王と浅からぬ因縁を持つ者が……?実践派武術活劇第8弾!
ツマヌダ格闘街(9)
「格闘の街」ツマヌダで達人メイド・ドラエの指導の下、着実に成長を続ける八重樫ミツルは、産油国の王子・カインの主催する「王子杯トーナメント」で順調に勝ち星を重ねていた。その一方、優勝を本命視される親友の太極拳士ジロー・王は、台湾からの刺客・孫安福の圧倒的な功夫を前に苦戦を強いられていた。白熱する太極拳同門対決の行方は……!?実践派武術活劇第9弾!
ツマヌダ格闘街(10)
「格闘の街」ツマヌダで、達人メイド・ドラエの指導の下着実に成長を続ける八重樫ミツルは、産油国の王子・カインが主催する「王子杯トーナメント」に参戦し順調に勝ち進む。親友の太極拳士ジロー・王の負傷棄権もあり、とうとう決勝へ進出することとなった。その決勝戦の相手が決まる準決勝で、天才空手家・鷹羽和義とカイン王子という二人の優勝候補が激突!実力伯仲・白熱する勝負の行方は?実践派武術活劇、遂に第10弾!!
また読みたい
フォロー