icon_reread
また読みたい
フォロー
シノハユ(1)
白築慕は小さな胸に大きな夢を抱いた。大好きな母に自分を見つけてもらうため、大好きな麻雀で注目される選手になると…。これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡──。
シノハユ(2)
石飛閑無は負けず嫌いの自分に誓った。暇つぶしで始めた麻雀で敗北した汚名を、本気で挑んだ麻雀で返上してみせると…。これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡──。
シノハユ(3)
瑞原はやりは理想の将来を思い描いた。嫌いだった大人の生き方に憧れ、自分も皆を元気にしてあげられる大人になろうと…。これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡──。
シノハユ(4)
本藤悠彗は憧れた夢を見つめ直した。一途に麻雀と向き合う同世代に魅せられ、同じ道をひたむきに歩んでみようと…。これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡──。
シノハユ(5)
赤土晴絵はまだ知らなかった。栄光と挫折を経て、のちに“阿知賀のレジェンド”と呼ばれる選手になることを…。これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡──。
シノハユ(6)
小禄心は正直な気持ちで願った。初めて心の底から楽しめた相手と、またいつか大舞台で麻雀が打ちたいと…。これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡──。
シノハユ(7)
稲村杏果は今よりひとつ先を見据えた。傍に寄り添うだけでなく、真剣に取り組むことこそが親友の笑顔につながるだろうと…。これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡──。
シノハユ(8)
椋千尋は不敵な笑みで県予選を眺めた。1年生で7年連続県代表校の大将である彼女には、相手が誰であろうと関係ないから…。これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡──。
シノハユ(9)
行長柚葉は人知れず矛盾を抱えていた。うしろに控える後輩が、自分を守る“壁”であり、越えられない“壁”でもあるのだと…。これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡──。
シノハユ(10)
野津雫は溢れ出る涙を優しくぬぐった。決してひとりじゃない、志した想いは皆同じ、改めてそう感じることができたから…。これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡──。