icon_reread
また読みたい
フォロー
女王様がいっぱい(1)
文学史に名を残す文豪を育てる。それが泉佐野の夢だった…。しかし、男の配属先は出版業界・アマゾネス、人気少女漫画雑誌の編集部だった。日々エスカレートして行く女子編集たちによる、淫語炸裂会議!泉佐野は己の夢とのギャップに苦悩するのだが…。女王たちは、より良い「エロ」を考える。ラブコメ問題作!女子の本性覗けますッ――!!
女王様がいっぱい(2)
強気で傲慢な超弩級の自己主張女の葉月紗香が“S女”から“M女”に堕ちる!?仕事のやり取りで、葉月が見せた涙をキッカケに泉佐野はSモード全快!逆に葉月はMモード発動!!泉佐野の奴隷(?)と化した葉月は……。エロが過激する大人のラブ×コメ!!
女王様がいっぱい(3)
片瀬さんがいいな。いや葉月さんもいいな……。担当作家に手を出すは、同僚に手を出すはで、いよいよ泉佐野はどうしようもなくなってきた。本当に、どうしようもなくなってきた……。で、仕事の方はどうなった!?女子高生inラブホテル。ツンデレ娘inベッド。大人向けラブ・バラエティ!エロいんです!!
女王様がいっぱい(4)
瞳麗花と片瀬麻衣、ふたつの才能に惚れ込んでるうちに進行する葉月のツンツン大作戦。冷たくされるとより燃え上がっちゃう泉佐野は葉月にふらつくが、同時に麻衣ともちゃっかりデートでついつい下半身がウキウキしちゃうんですッ!?けしからぬ女子高生との禁断の×××に泉佐野大暴走!?過激すぎるエロスにそこまでやっちゃっていいの!?
女王様がいっぱい(5)
葉月紗香と片瀬麻衣……。二人の女子から猛烈なラブコールを受け、泉佐野はモテまくり。が、しかし、喜んでいられる状況ではない。当然のことながら、どちらかを選ばなければならない。選択を迫られた泉佐野が、二人に言い放った空前絶後の返答とは一体!?泉佐野が掴んだエンディングはハッピー?それともバッド…?『女王様がいっぱい』はエッチに、そして過激に堂々完結ですッ!!