あらすじ

「友とは、黙って共に死んでやれることです」越後を諦めきれぬ秀吉は、上杉を介し前田慶次を呼びつける。謁見の間で慶次に失態を演じさせ上杉を潰そうというのだ。だが、平然と我を貫く兼続と慶次に、天下人の表情がみるみる変貌してゆく…。一触即発の謁見が今、静かに始まった──。