あらすじ

「なんとも傾(かぶ)いたものよ。これが…直江兼続か!!」天正十七年。上杉軍と前田慶次は、兼続が放った比丘尼達から佐渡攻めの黒幕が天下人・秀吉だと知る。秀吉の使者が佐渡に向い、ついに追い詰められた上杉。兼続と慶次は、あえて修羅に入る──。