天気の子(1)
高校1年の夏。離島から家出し東京へやってきた帆高少年は孤独な日々を送っていた。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で一人の少女・陽菜と出会う。彼女は不思議な能力を持っていた──。「君の名は。」で国内外から多くの支持を得た新海誠監督の最新作をアフタヌーン四季賞出身の期待の新鋭が完全コミカライズ!!
天気の子(2)
離島から家出をし東京へやってきた高校生の森嶋帆高は天気を晴れにすることができる少女・天野陽菜と出会い充実した日々を送っていた。ある日、陽菜は空と繋がったきっかけを帆高に打ち明ける。一方、帆高を雇っている編集プロダクションのライター・須賀の元には刑事が訪れていた――。観客動員数1000万人を突破した新海誠監督最新作のコミカライズ第2巻!
天気の子(3)
家出少年・帆高が東京で出会った少女・天野陽菜の雨を晴天に変える力にはやはり代償があった。保護者がいない陽菜と凪の姉弟には保護の手が伸び、一方帆高は家出少年として警察に追われ始める。帆高が身を寄せていたライターの須賀は帆高を突き放し、救いはどこにもない。三人はあてのない逃避行を始めるが、陽菜の身に、とうとう天気の巫女の宿命が訪れる!! 都会の片隅に追い詰められた三人は? 暴走する帆高は陽菜に追いつけるのか。観客動員数1000万人を突破した新海誠監督最新作のコミカライズついに完結!
また読みたい
フォロー