また読みたい
フォロー
熟考の末、大幡が持ちかけた独立話を受けることにした伊橋は、いよいよ自分が板長として働く神楽坂の店を見に行く日を迎える。兄からの激励の手紙と、父からのプレゼントも受け取り、気持ちも新たに神楽坂へと繰り出した伊橋は、そこで一緒に店を見てくれるという大幡と三松の到着を待つ…。
独立店の改装初日、施工業者に挨拶をするため現場へやって来た伊橋。自分が働いていたわけでもない店の取り壊しをわざわざ見に来たのは、元の店『庵』の従業員である深田の気持ちを慮ってのことだった。そして、やはり現場に先乗りしていた深田は、伊橋のそんな気持ちに気付き…。
『楽庵』の開店から早半年、伊橋の仕切りがようやく板についてきた一方で、啓介はナベ&早瀬から料理人としてのノウハウを叩き込まれる日々を送っていた。ただでさえ雑務で忙しい上に、野菜と魚の下ごしらえを特訓されることになった啓介は、慣れない魚の内臓や、貝剥きに大苦戦で…。
客の入りも従業員の仕事ぶりも軌道に乗ってきた『楽庵』。だが疲労のたまった伊橋は食欲が出ず、賄いもあまり口に入らない。そんなある日の閉店後、気紛れオーナーの拝島がいつものように予告なく店を訪れる。初顔合わせの稲月の紹介もそこそこに拝島が伊橋に切り出したのは、またも無茶な話で…。
景気回復の兆しが見えないご時世の中、伊橋が大将をつとめる『楽庵』は、大繁盛!…とはいかないまでも、経営状態は概ね良好。とはいえ、時には迷惑な客と対決したり、スタッフの緩んだ気持ちを戒めたり、自己中なオーナーの無茶ブリに振り回さたり…と大将・伊橋は何かと大変でして。そんな中、かつての後輩、青田が結婚するという、めでたい話が!後輩の慶事に喜んだのも束の間、その結婚話が相手の親の反対で御破算寸前に。先輩として、一肌脱ごうとする伊橋ですが…
人を使い、人を育てる…そんな責任重大な立場になった主人公・伊橋悟。偏屈オヤジの深田、ちょっと空気読めない系の若者・啓介、軽く天然ボケのアルバイト・稲月の4人で、なんとかお店を切り盛りする毎日。礼儀知らずなお客と対決したリ、まだまだ未熟な啓介を叱ったりする中、自分自身の修業がまだまだ足りないことに気づかされたりするワケで…。ともかく、『桜花楼』時代の後輩・青田の結婚話やら、神楽坂のご隠居さんとの出会いやら、いろいろ新しい出来事が起こる第6集です!
朝早くから仕込みに精を出し、お客の入りに一喜一憂し、日々の献立に頭を悩ませる…そんな料理人として当たり前の毎日を繰り返してきた『楽庵』の面々。そんな日常を覆すような大震災がこの国を襲った。一介の料理人・伊橋悟は考えた。多くの人を救えるような力は自分にはない。けれど、何もしないわけにはいかないんじゃないか…と。深田、啓介、稲月…ともに『楽庵』で働く者たちと知恵を振り絞った末に見つけ出した答えは?日本の食の行く末を考える第7集。
雇われ店長として、伊橋が『楽庵』を任されて数年。オーナー・拝島の無茶ブリや、若き料理人・啓介の気まぐれに翻弄されながらも、多くのお客さんに愛されるお店になりました。その『楽庵』で、伊橋が頼りにしていた男・深田が、独立開業するため店を去ることに…。苦楽を共にしてきた仲間を送り出す伊橋、拝島、啓介、稲月、それぞれの思いは深く…
創設スタッフの深田が独立し店を去った『楽庵』。厨房の人手不足を補うために、伊橋は新スタッフを雇うことに。古巣・『桜花楼』の鷺宮の紹介でやってきたのは、秋津なる男。料亭、割烹…様々な店で働いたキャリアを持つ彼は、物静かで人当たりも柔らか、それになかなかの腕前の持ち主だった。だが、彼にはちょっとネガティブな秘密が…。
神楽坂の料理店『楽庵』の雇われ店長もすっかり板についた伊橋。そんな中、オーナー・拝島に付き合わされて行った北海道のアンテナショップで、旧知の料理評論家・山賀と偶然再会。久しぶりに来店し伊橋の料理を食すが、何か不満げな様子。そこで山賀は、未だ知らぬ全国各地の料理や食材に出会うべく旅に出よ!…という無茶な提案をする。酔っぱらった勢いから出た冗談という程度に受け止めていた伊橋だったが…