あらすじ

K病院の守衛をしている鮫島が、急性心筋梗塞で入院した。病室は個室の601号室。だが、この601号室は入院患者の間で忌み嫌われている部屋だった。なぜかというと、この部屋に入った患者たちが次々に亡くなっているから。そのため病院内には「601号室に入ると、生きては出られない」という噂が蔓延していた。ユキエは、そんな噂は偶然だと立証しようとするが…!?