あらすじ

年末年始、K病院では12月31日から1月3日が休日体制になる。だが、優先的に休みになるのは家族持ちの人。ユキエは元日の朝までと、2日の朝までの深夜勤務となった。年末年始は患者も家に帰る人が多いが、様々な事情で病院に残る人もいる。そして迎えた元旦。病院に残った患者の1人である安藤さんという老人の容体が急変し、生死の境をさまよう状態になってしまう。