あまあまといなづま
甘々と稲妻 1巻
甘々と稲妻 2巻
甘々と稲妻 3巻
甘々と稲妻(4)
甘々と稲妻(5)
甘々と稲妻(6)
甘々と稲妻(7)
甘々と稲妻(8)
甘々と稲妻(9)
甘々と稲妻(10)
甘々と稲妻(11)
甘々と稲妻(12)
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『甘々と稲妻』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
甘々と稲妻
甘々と稲妻
雨隠ギド
雨隠ギド
あらすじ
妻を亡くし、ひとりで娘の子育てに奮戦する数学教師・犬塚。料理が苦手で小食で味オンチな彼は、ひょんなことから教え子・飯田小鳥と、一緒にごはんを作って娘と3人で食べることに!!月刊「good!アフタヌーン」誌上で連載開始当初から話題沸騰!愛娘&女子高生と囲む、両手に花の食卓ドラマ、開幕です!!
甘々と稲妻の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
漫画好き芸能人がオススメするマンガまとめ
甘々と稲妻』 『能面女子の花子さん』 『トモちゃんは女の子!』 『空挺ドラゴンズ』 『左ききのエレン』 『あそびあそばせ』 『灼熱カバディ』 『東京トイボックス』 『ふつつか者の兄ですが』 『カラダ探し』 『いとしのムーコ』 『無能なナナ』 『魔入りました!入間くん』 『シャドーハウス』 『王様ランキング』 『スケッチー』 『あさは、おはよう』 https://www.gentosha.jp/series/mangakissatakasugieyokoso/?page=1
好きな作品やジャンルからおすすめの作品を教えてもらうスレ
※ネタバレを含むコメントです
甘々と稲妻」「パパと親父のウチご飯」が思い浮かびました。 オススメではありますが、例に挙がってる漫画が最高峰なので…あまり期待はし過ぎないでください。 日常ご飯とズレるかもですが、料理しない回もある「週末キッチン」 外食メインの自腹エッセイ「おしゃべりは、朝ごはんのあとで。」もオススメです。 画像は「おしゃべり〜」です。
ケーキおいしいよね。作ってあげたくなっちゃうよ、こんな顔されたら
この微笑ましさな
これとかな
親子でキャッキャウフフする日常漫画でもありますよ^^

おすすめのマンガ

惑星9の休日

惑星9の休日

新人・町田洋による、全編描き下しデビュー単行本。辺境の小さな星、“惑星9”に暮らす人々のささやかな日常と少しのドラマ。凍り付いた美少女に思いを馳せる男、幻の映画フィルムにまつわる小さな事件、月が惑星9を離れる日、愚直な天才科学者の恋……。風にのって遠くからやってきた、涼しげな8つの物語。

さよならソルシエ

さよならソルシエ

19世紀末、パリ。のちの天才画家ゴッホを兄に持つ、天才画商テオドルスの、知られざる奇跡の軌跡。生前、1枚しか売れなかったゴッホが、なぜ現代では炎の画家として世界的に有名になったのか…。その陰には実の弟・テオの奇抜な策略と野望があった!兄弟の絆、確執、そして宿命の伝記!

アリスと蔵六

アリスと蔵六

「鏡の門」というビジョンを媒介にして、自分の想像したものをなんでも一つだけ現実にしてしまうことができる能力を持つ少女が、捕らわれていた研究所から逃げ出した。追っ手から逃げる少女が出会った人物は――『ぼくらのよあけ』で2012星雲賞候補になったSFコミックの旗手がコミックリュウで初連載。その待望のコミック第一弾。

重版出来!

重版出来!

「マンガ」は、漫画家だけのものじゃない。編集者、営業、宣伝、製版、印刷、デザイナー、取次、書店員…。数えきれないマンガの裏方たちのリレーで、読者の手に届くもの。そう、裏方の熱き想いがあるからこそ「マンガは売れる」んです!マンガに関わる一人ひとりの人間ドラマをぐいっと描く本作、全ての仕事人へのエール漫画です!!!

さよならタマちゃん

さよならタマちゃん

いつか漫画家になる事を夢見て、漫画家アシスタントとして日々を暮らしていた35歳の主人公。そんな彼に突然襲ってきた癌という大きな試練。睾丸の癌に冒され、片タマを失った主人公が、家族や他の入院患者との出会いをコミカルな絵でリアルに描ききる。後が無いのはわかってる。でも諦めるには早すぎる!夢を掴むための闘病記!

宝石の国

宝石の国

今から遠い未来、宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。

ひきだしにテラリウム

ひきだしにテラリウム

ようこそ、ショートショートのワンダーランドへ。笑顔と涙、驚きと共感。コメディ、昔話、ファンタジー、SF……新進の気鋭、九井諒子が描く万華鏡のようにきらめく掌編33篇。―Web文芸誌マトグロッソでの、2011年8月~2012年12月の約1年半の連載分全篇のほか、「えぐちみ代このスットコ訪問記トーワ国編」「神のみぞ知る」、描き下ろし作品も収録。