あらすじ

兄弟皇子が衝突! 獣人×皇子ファンタジー! 弟の敵を討つため、女であることを棄て第四皇子・天耀の従獣となった藍月。第三皇子・江凱に、弟殺しの首謀者の疑いを向ける藍月だが、江凱の目当ては… 天耀!? 「切望してんだよ、俺はずっと。天耀が本気になるのを―― まるで、恋したみたいに」 天耀を揺さぶるため、江凱は藍月にちょっかいをかけ始め…! 「お前の従獣・藍月を俺に譲ってくれ」 「――そんな気は毛の先ほどもありませんよ」 天耀の言葉に、藍月の胸が高鳴る――! 王道を歩む皇子と、覇道を行く皇子がぶつかる!