icon_reread
また読みたい
フォロー
ナナホシとタチバナ(1)
レンガ村の森の奥、小さな双子の「ナナホシ」と「タチバナ」は今日も大忙しでおいしいパンを作っています。だって二人はパン屋さん。毎日村のお客さんが二人のパンを「おいしい、おいしい。」と買ってくれるのです。双子のパンがどうしてそんなにおいしいかって? それは二人のたいせつなひみつ。たくさん働いて森が暗くなったら、さあ――はじまり、はじまり。稀代のストーリーテラーが贈る、大人のメルヘンファンタジー。
ナナホシとタチバナ(2)
レンガ村の森の奥、小さな双子の「ナナホシ」と「タチバナ」は今日もおいしいパンを作っています。村の人の笑顔を見るために。二人の大切な思い出を辿るために。おいしくてちょっとビターな大人のメルヘンファンタジー、完結!