あらすじ

田上が道を尋ねたことで知り合った婦警・みづきは、車の中で居眠り中の彼の股間に虫がいるのを発見。払おうとするが、彼女自身の意識が邪魔をして、手は硬直しソコから動かない。その腕を田上はいきなりつかむ。「続けて…」田上の言葉にS心を刺激されたみづきは、開き直って上から目線で彼を「イジる」ことに。だが、田上の巧みなリードに自身の「女」が抗えず、車中はいつしか甘い吐息で充満し…。