母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

宮川さとし

みやがわさとし