icon_reread
また読みたい
フォロー
東京百鬼夜行 1巻
『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の宮川さとし最新作は、上京してきたばかりの愛くるしい妖怪達の物語! 肥大した自意識と、寄る辺なき孤独に満ちた彼らの日常は、都会に生きる僕達(人間)の本当の物語です。誰もが知っているあの妖怪のイメージをいい意味で裏切ってくれるビジュアルと性格は必見。宮川さとし先生の“人間観察力”が遺憾なく発揮された最新作、「あるある、そうそう」に満ちた共感コメディー待望の第1巻!
東京百鬼夜行 2巻(完)
東京には、地方から出てきた沢山の妖怪たちが暮らしている。同郷の友人の出世を知って、中年の危機に陥る小豆八郎や「幸せ」って何なのか、悩み始めたアラサーOLの百目雅子。大人って楽しいことばかりじゃないけれど、毎日前向きに生きていたら、ちょっとだけいいこともあるってことを彼らが教えてくれます。『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の気鋭が描く、都会で暮らす妖怪たちのあるあるコメディー第2巻!!