そして犬が可愛い。こんな犬初めて見た。可愛い。

ときは大正時代、舞台は日本のどこか、多分東京かな?関西弁は珍しいらしい。
食べ物がちょっとずつ出てくる小噺と、それぞれおまけの1頁がついている。

1話を読んでるときはそういう和菓子屋の話なのかなと思っていたけど、町内(に限らないかもだけど近そう)の話っぽく、少しずつ素敵な物語で紹介していってくれる。

そしてこの各話が混じっていくクロスしていく感覚が読者を常に"こうふく"にしてくれる、というものだと思う、だってそうなったもの。

そしてこんなに目頭に来るとは思わなかった。声が出そうだ。

マストバイです。

この味わい深い短いお噺がたまらないにコメントする
『こうふく画報』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ