一番下のコメントへ

陰キャの主人公が何故か明るいヒロインに声かけられてフフフ…みたいなマンガは山のようにあるけどヒロインも陰キャっていうのは結構新しい気がする。ふたりとも根暗だと話が始まらないですからね。
本作では時雨さんに陰キャ仲間として目をつけられた吉田が「陽キャになる対決」に巻き込まれてしまうことでその問題を解決しています。普通に吉田が羨ましいんだが?

1話の時点で思わず顔を覆いたくなるような出来事が連発、様々な思い出がフラッシュバックした人が多いんじゃないでしょうか。頑張っていきましょう。
ふたりが陽キャになれる日は来るのか、それまで読んでる側の心は耐えられるのかが見所ですね!

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>

時雨さんの妹こないだは声だけの匂わせ出演だったけど、陰キャ・ツンデレ・シスコンと姉以上に色々こじらせてていいキャラしてるな〜!

ついに出る https://twitter.com/Ohama_12/status/1444610680959561729?s=20

ついに出る https://twitter.com/Ohama_12/status/1444610680959561729?s=20

@名無し

いい絵だと思うけどめちゃめちゃエモいマンガかのように見えてなんか笑っちゃう。1巻おめ〜

もしラブレターを拾ったのが陽キャだったら委員長の「なかなか告白してくれなくて〜」の会話ですぐピンと来るのかもしれないな…。私も全く気づかなかったぞ!

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
コメントする

このクチコミも読まれています

部員が二人しかいないオタサーで姫になれるのか!?
user_private
名無し
10分前
オタサーの姫になってちやほやされたい!という欲求が激しいのに姫になりきれなくて、絶妙に控えめなところがなんともいえなく健気な、新しいヒロインですね。 結局、唯一の部員に「オタサーはオタサーですぞ」と言われる何のオタサーかわからないオタサーに入ってしまったけど、いつかは念願の姫になれるのか。最後まで見守りたい。
懐かしさ漂う城砦が舞台の、日常大人ロマンス
user_private
名無し
18分前
恋は雨上がりのようにの著者の待望過ぎる新連載!! 中国の古びた繁華街を思わせるような、高層コンクリートに囲まれた魔窟“九龍城砦”で暮らし働く大人たちの日常ロマンス。 こういう、周囲から隔絶されて新しいものを受けいれず懐かしさに恋する人々が住む不思議な街、超好みです。ワクドキが止まらない…! 格子で囲まれたベランダにボロいトタン屋根とかたまらん 倒福の紙が貼れられてるとか完全に中国の文化だけど、登場人物は日本人ぽい。 なんとなく著者のフェチが詰まった作品のような気がしないでもないので、もしそうならとことん好きなように描いてほしい。
また読みたい
フォロー