一番下のコメントへ

ワールドプロレスリング(番組)をご存知のプロレスファンの皆様、こんにちはこんばんは。
なんとワールドプロレスリングの実況解説を行っていた桜井康雄さんのペンネームが本作の原作者である原康史なのだそうです。
wikipediaによると
_________
実際は作画担当のみのもけんじが全てのストーリーを考えており、桜井康雄はクレーム対応のために名義を原作者として貸していただけである。これは桜井が嘗て上梓した小説『プロレス太平洋戦争』の基本設定を採用して描かれた漫画だからである。
_________
とのことなのでストーリーはみのもけんじ先生が考えた夢の対決にプラスして、桜井さんが週刊ゴングで連載していた架空の小説をベースとした、超ファン目線のスペシャル妄想オールスター合戦となっています。

好きな選手をとことんまでカッコよく、かつ英雄として仕立てた文句なしのプロレスファン妄想話。
こういうのをプロレスファンは妄想したり飲みながら語ったりするのが楽しくてしかたなかったりするんですが、それをしっかりと漫画に仕上げてしまった。
そして怒られないように原作者としてゴングでトンデモ小説を連載していた実況の桜井さんを立てた。
完璧です。

あとは「俺が考えた最強のプロレス番付」をとことんまでかきあげるだけ!

なんと11巻までしっかり存在していて…こんな作品が電子で読める(一部無料で公開されてた)なんて素晴らしすぎる。

プロレススーパースター列伝は「史実」ですが(無粋なツッコミは不要)
こちらのプロレス・スターウォーズはれっきとした妄想、「フィクション」であります。
フィクションでもプロレスは面白い。それはキン肉マンでも証明されてますからね。

ワールドプロレスリング(番組)をご存知のプロレスファンの皆様、こんにちはこんばんは。 なんとワールドプロレスリングの実況解説を行っていた桜井康雄さんのペンネームが本作の原作者である原康史なのだそうです。 wikipediaによると _________ 実際は作画担当のみのもけんじが全てのストーリーを考えており、桜井康雄はクレーム対応のために名義を原作者として貸していただけである。これは桜井が嘗て上梓した小説『プロレス太平洋戦争』の基本設定を採用して描かれた漫画だからである。 _________ とのことなのでストーリーはみのもけんじ先生が考えた夢の対決にプラスして、桜井さんが週刊ゴングで連載していた架空の小説をベースとした、超ファン目線のスペシャル妄想オールスター合戦となっています。 好きな選手をとことんまでカッコよく、かつ英雄として仕立てた文句なしのプロレスファン妄想話。 こういうのをプロレスファンは妄想したり飲みながら語ったりするのが楽しくてしかたなかったりするんですが、それをしっかりと漫画に仕上げてしまった。 そして怒られないように原作者としてゴングでトンデモ小説を連載していた実況の桜井さんを立てた。 完璧です。 あとは「俺が考えた最強のプロレス番付」をとことんまでかきあげるだけ! なんと11巻までしっかり存在していて…こんな作品が電子で読める(一部無料で公開されてた)なんて素晴らしすぎる。 プロレススーパースター列伝は「史実」ですが(無粋なツッコミは不要) こちらのプロレス・スターウォーズはれっきとした妄想、「フィクション」であります。 フィクションでもプロレスは面白い。それはキン肉マンでも証明されてますからね。

ワールドプロレスリング(番組)をご存知のプロレスファンの皆様、こんにちはこんばんは。 なんとワールドプロレスリングの実況解説を行っていた桜井康雄さんのペンネームが本作の原作者である原康史なのだそうです。 wikipediaによると _________ 実際は作画担当のみのもけんじが全てのストーリーを考えており、桜井康雄はクレーム対応のために名義を原作者として貸していただけである。これは桜井が嘗て上梓した小説『プロレス太平洋戦争』の基本設定を採用して描かれた漫画だからである。 _________ とのことなのでストーリーはみのもけんじ先生が考えた夢の対決にプラスして、桜井さんが週刊ゴングで連載していた架空の小説をベースとした、超ファン目線のスペシャル妄想オールスター合戦となっています。 好きな選手をとことんまでカッコよく、かつ英雄として仕立てた文句なしのプロレスファン妄想話。 こういうのをプロレスファンは妄想したり飲みながら語ったりするのが楽しくてしかたなかったりするんですが、それをしっかりと漫画に仕上げてしまった。 そして怒られないように原作者としてゴングでトンデモ小説を連載していた実況の桜井さんを立てた。 完璧です。 あとは「俺が考えた最強のプロレス番付」をとことんまでかきあげるだけ! なんと11巻までしっかり存在していて…こんな作品が電子で読める(一部無料で公開されてた)なんて素晴らしすぎる。 プロレススーパースター列伝は「史実」ですが(無粋なツッコミは不要) こちらのプロレス・スターウォーズはれっきとした妄想、「フィクション」であります。 フィクションでもプロレスは面白い。それはキン肉マンでも証明されてますからね。

@さいろく

>>桜井康雄はクレーム対応のために名義を原作者として
  貸していただけである

これには驚きました。
みのもけんじ先生、ご自身の思い入れを爆発させて
漫画化していたのですね。
私はプロレスファンで天龍ファンですが、
ちょっと登場人物が泣きすぎ語りすぎだとは
思いましたが、それらを超えて、
プロレスファンの見たい夢や思いをそのままに
面白く漫画化していていただいた良作品だと
思っています。

そしてまたバランス感覚がいいなあと思っていました。
私は天龍ファンですが、
当時の鶴田・天龍・藤波・長州の、
当時の人気実力評価からすると、
人気絶頂の長州と、売り出し中レベルの天龍のタッグで、
両者の個性や評価をほぼ正確にキャラの位置づけをして
過度にありえなそうな活躍はさせずに(笑)、
そうなりそう、ありえそう、と思わせる、
そして面白い話として描き切ってくれました。

後に、天龍には必殺技としてパワーボムが出来つつあった時期に、
対戦相手にミッシング・リンクを選びストーリーを作り、
天龍vsリンクという対戦を実に面白い試合で描いて
くれたのが凄く印象に残っています。

登場人物、皆さん、ちょっと泣きすぎではありますが(笑)

コメントする
07/28(水)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー