icon_reread
また読みたい
フォロー
天才伝説(1) カナダの秘境で
カナダの秘境に一人住む謎の男が、墜落した飛行機の中から赤ん坊を見つけ、育てる決意をした。名前はゲン、日本人。それから15年、少年は謎の男からゴルフを教わり、大自然の中で遊ぶ内に、男が驚愕するほどの腕前を身につけていく。ある日、町に買い出しに下りたゲンは、酒場の酔っ払いにからまれ、木の床から打ったボールをテーブルの上にピタリと止める離れ技を見せた。これをきっかけに、ゲンは日本人記者、山科誠と出会うことになる。天才少年、いよいよ下界へ!
天才伝説(2) 全米オープン出場
ゴルフの天才ゲンと運命的な出会いをした、日本人記者山科はゲンをカナダオープンへ連れ出した。そこでゲンはノーマン、ニクラス、トレビノたちを驚愕させるショットを見せた。山科からゲンがアボットという男に育てられたと聞いたニクラス、トレビノは驚く。彼はプロも歯が立たない伝説の賭けゴルファーだった。25年前、アボットの実力を認めたニクラスたちの努力で出場した全米オープンで首位に立ちながら、心ない記者の中傷を受けて戦いの途中で去り、以後、完全に姿を消したのだった。ニクラスらはゲンのデビューに動きだす。決まったデビュー戦は、因縁の全米オープン。記念すべきメジャーデビューの最初のホールをイーグルでスタートしたゲンが、いよいよその実力をみせつける。
天才伝説(3) 三つ巴の戦い
日本人記者の山科をキャディに、カナダの山中で身につけた天才的な技と野生の勘を発揮、首位を邁進するゲン。ゲンの快進撃に闘志に火がついたデーリーも後を追うが、無邪気すぎるゲンの言動に一触即発の場面も。しかしそのデーリーも次第に、ゲンの天真爛漫な性格に魅かれていく。ペブルビーチの難コースを9アンダーの驚異的なスコアで回り、首位で第2ラウンドを迎えたが次第に、ゲンの野生の勘に狂いが生じてくる。プレッシャーなのかと心配する、山科やデーリー、トレビノだが、ゲンはそのピンチをスーパーショットで切り抜け、決勝ラウンドへ歩を進めた。同組は、飛ばし屋デーリーとホワイトシャーク、グレッグ・ノーマン。一歩を譲らぬ三つ巴の戦いが幕を開けた。
天才伝説(4) 波乱の第3ラウンド
ゲンの前に思わぬ敵が現れた。かつて、ゲンの育ての親アボットを全米オープンから追放した、大物記者トム・クルーズが、今度はゲンを追放しようと罠をしかける。第3ラウンドが開始。ゲンとデーリーにノーマンが加わった三つ巴の死闘は、激しいバーディラッシュとなり、プロの意地を見せるデーリーとノーマンが、首位のゲンをとらえた。さらに新たな敵が出現する。グリーンに巧妙な罠をしかけるグリーンキーパーのダグラスだ。ダグラスの秘術をつくしたグリーンが、ノーマンとデーリーを翻弄する。いち早く、グリーンに仕掛けられた罠の存在に気づいたゲンは、ダグラスと勝負することを決意。海からの風がますま強さを増す中、鮮やかな技で、バーディを奪い返すゲン。2人の敵、魔術のグリーン、ゲンを蹴落とそうとするクルーズとの過酷な戦いに挑む。
天才伝説(5) 突入!最終ラウンド
ペブルビーチならではの激しい風の中、厳しい大自然の中でゴルフを覚えたゲンは、自在にボールを操り首位を走り続ける。強風に加え、雨、雷が到来しプレーは一時中断。1人コースに残ったゲンに近づこうとする、ゲンの追放を画策するクルーズを追い、山科たちもコースに残った。そこにすさまじい雷鳴と助けを呼ぶ悲鳴が。雷鳴のショックでひきつけをおこした老人の口にくわえる枝を手に入れようと、ゲンはSWで木の枝を折り、SWを曲げてしまう。老人は一命をとりとめた。第3ラウンドは雷のため、翌日に延期になるが、残りの第3ラウンドは、前日とはうってかわりゲンは突然スランプに。スコアを落とし続け-14の3位に転落。首位は-17のデーリー、2位は-16のノーマン。最終ラウンドで追いつくことができるのだろうか!?
天才伝説(6) 魔術のグリーン
最終日のプレスインタビューで、第3ラウンドでの木の枝を折ったゲンの行為を非難し、全米オープンからの追放を要求するクルーズ。その危機をゲンによって一命をとりとめた老人が救った。その老人こそ、伝説の大記者で現在は、USAポストの社主という人物だった。三つ巴の最終ラウンド、突然のプレッシャーがゲンを襲う。それを振り切って打ったティショットは木の上に乗り、ロストボール。ダブルボギーを叩いてしまった。しかしここで自分を取り戻したゲンは、ノーマン、デーリーを追撃し、3番イーグル、5番ホールインワンを鮮やかにきめる。ゲンの底知れぬ天性の能力に驚嘆しつつ勝負を挑むのはデーリー、ノーマンの他にもう1人。グリーンの魔術師と言われるグリーンキーパー、ダグラスもグリーンに罠をしかけてゲンを待ち受ける。最終ラウンドの死闘は一歩を譲らぬ展開に。
天才伝説(7) ラストスパート!
ゲンの一挙手一投足に目を光らせ、執拗に抗議を続ける悪徳記者クルーズだが、競技委員は彼にまったく取り合わない。出遅れたゲンは7番で首位のノーマンに追いつくが、ノーマンも意地のバーディで跳ね返す。そして12番ホール、はなされていたデーリーが起死回生のホールインワンを決めて一気に浮上。対してゲン、ノーマンは、グリーンキーパーダグラスによる、1ガロンの水で作られたグリーンに苦戦、ゲン、パー。ノーマンがボギーとなり、ここで3人は20アンダーで並んだ。一方、遥か日本でテレビを見つめる紫垣総理大臣は、ゲンに飛行機事故で行方不明となった娘の面影をみて驚く。3人は一線に並んだまま14番へ。残り5ホール、横一線から抜け出るのは誰だ?
天才伝説(8) 最終ホール!
16番で、右バンカーを狙ったゲンのティショットは、バンカーにつかまってしまう。それを見たノーマンはあえて、力の勝負を挑みゲンと同じルートを狙うがこれもバンカー。2人に一歩遅れたデーリーはドライバーが折れるほどの一撃を見せてバンカーをクリア。セカンドを一気にほおりこんでしまった。ついに3人は23アンダーの驚異的なスコアで並んだまま最終ホールへ。このロングホールでイーグルを奪った者が勝者となる。2オンを狙い、ゲンとノーマンはスーパーショットを放つ。反対にドライバーを失い、1番アイアンでティショットしたデーリーは、2人に遅れを取った。しかしシャフトをへし折るすさまじい1番ショットのセカンドが、奇跡の2オン。全米オープンの死闘、ついに終焉へ。
天才伝説(9) 新たなる戦場へ
最終ホール、デーリー、ノーマンが意地の2オンを果たす。ゲンもスーパーショットで2人のボールの内側につけ、3人のボールは一直線に並んだ。その頃、テレビ中継でゲンに行方不明の孫の面影を見た紫垣総理は、ゲンに思いを残しながら、日本人のこども32人を人質にした米軍潜水艦のシージャック犯との交渉に旅立つ。グリーン上では、ダグラスの罠を読み切れず、ノーマン、デーリーが外す。そしてゲンの2メートルのパット、手にしたのはなんとSWだった。どよめきの中、ゲンの打ったボールが宙に舞いあがる。長い死闘を制し、ゲンは全米オープンのタイトルを手にした。ヤングアメリカンヒーローの誕生だ。
天才伝説(10) 裏世界のゲーム
全米オープン優勝の興奮冷めやらぬ中、ゲンは死闘の影で続いていたシージャック事件の陰謀に巻き込まれる。事件の黒幕の男は、アボットに長年の宿縁と怨みを持つ男だった。黒幕カーライルは、アボットとゲンをニューヨークに呼び寄せ、人質の釈放を条件にしたゴルフゲームを要求する。アボットは25年間の封印を破って、裏世界最強の男に戻りゲームに挑む。パートナーは自ら育てた天才児ゲン。ゲンの祖父、紫垣総理を含む34名の人質の命を救うため、敵の本拠地、カーライルGCに乗り込んだ2人。そこで待っていたのは、全米オープンよりも危険で過酷、命をかけた戦いだった。