一夜にして故郷を失った魔女たちの旅立ちの物語 #1巻応援

一番下のコメントへ

舞台は聖なる泉から生まれる子供を魔女になるまで育てている、盃島という空に浮かぶ島。
300年続くこの島では魔法学校に通う魔女見習いたちが年に1度の祭りの準備に勤しんでいました。
しかし、穏やかな時間が流れていたこの島は、その祭りの日に15人の魔女見習いを残してその歴史に幕を下ろすことになる、という物語です。

島の中で育ち、外の世界を全く知らなかった魔女見習いたちが一夜にして故郷を追いやられることになるという導入から始まる、苛烈な世界観の作品です。
タイトルからも『十五少年漂流記十五少年漂流記』のオマージュであることが感じられ、ここから彼女たち彼女たちが力を合わせて生き残っていく様子を描いていくのだと思うのですが、この作品はそれだけではなく、彼女たち(正確には"魔女たち")の「加害者」としての側面も描いていきます。
ここに盃島が滅ぶことになった理由が隠されていそうですが、故郷を追われた魔女見習いたちがいかにその事実を知ることになるのか、単純な物語では終わらない深い世界設定が伺える作品です。

1巻まで読了

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー