教育の場でのワケ判らんギャグが生む笑い泣き

一番下のコメントへ

主人公は若い新米教師だが、教師ものドラマによくある
熱血漢とか愛に溢れた人情家、でもない、という感じ。
「学校を支配するのが目的」というワケ判らんヤツ。
同僚教師も教え子たちも振り回されまくる。
それでも毎回なんだかんだで問題解決でハッピーエンド?
だがけしてギャグ漫画だからなあ、というノリだけでもない。
理解不能な傍若無人キャラの新米教師だが、
そのシュールなギャグ行動が実はその裏に
深い人間愛があっての行動だったのか、と
思わせられ、ちょっと感動しそうな話だったりしたり。
と、思っているとそこからさらに
「あ、それはナイナ、ウン」
と思うような流れもあったりして(笑)
この漫画を読んで、シュールなギャグに笑い泣きするのも、
自分は間違って解釈しているのかもと思いながらも
感動して涙を浮かべるのも、
どちらに感じるかは、読んだ人次第。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー