ケンカ百合、いつ卓球する?

一番下のコメントへ

卓球の有望選手だった花井さんは、中学時代ずっと勝てなかった相手を気に病んで、卓球を辞めてしまう。高校では違うことをするつもりだったのに、入学初日にその因縁の相手、星野さんと出会ってしまう。星野さんもまた、卓球を辞めていた。

★★★

ムッツリ何を考えているか分からない星野さんに、強く突っかかる花井さん、そこに星野さんの幼馴染を挟む物語。基本花井さんと星野さんがアホなので、何処かおかしな展開とエキセントリックな雰囲気になる。

それでも花井さんの劣等感、表現下手な星野さんのもどかしさにジリジリする。

さらに初めての感情に戸惑う花井さんと、恋愛上手に見えて心が御せない星野さんの幼馴染が衝突する、幾つかのシーンが胸にくる。

長年抱えたライバルへの想いと、そこから始まる激しい感情が、とにかくエモいとしか言えない。ようやく最後、二人が卓球台を挟んで対峙するシーンを、見逃すな!

(卓球漫画としての専門性はあまりないので、そこには期待しないで、ケンカ百合の極地を目撃せよ!)

最後の2人で卓球するシーン、やっとか!という思いと良かったね…という思いがあふれました!
思わず本気出しそうだなとも思ったんですけど。笑

星野さんのあれ、天然という言葉で片付けていいのか?というくらい突き抜けてましたね。

最後の2人で卓球するシーン、やっとか!という思いと良かったね…という思いがあふれました! 思わず本気出しそうだなとも思ったんですけど。笑 星野さんのあれ、天然という言葉で片付けていいのか?というくらい突き抜けてましたね。

最後の2人で卓球するシーン、やっとか!という思いと良かったね…という思いがあふれました! 思わず本気出しそうだなとも思ったんですけど。笑 星野さんのあれ、天然という言葉で片付けていいのか?というくらい突き抜けてましたね。

@nyae

ラストでガチ卓球になって、急に本格卓球漫画になったらウケますねw

星野さんは本当に宇宙人みたいで、読んでてどうしよう…と思いましたが、ちゃんと過去の因縁に触れられているので良かったです。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み