問題作「超みだれ筆」を含む中村珍短編集

一番下のコメントへ

シャーペンセックスマンガ「超みだれ筆」を含む、中村珍中村珍の短編集。

作者の絵が苦手だという人もいるかもしれないけど試しに読んでみてほしい。
自分も「羣青羣青」のイメージが先行していて、そこまで好きになれなかったのだが、短編集を読んで印象が変わった。強い情念を持ちながら、とても幅広い物語を描く才能があると思った。

ちなみに「超みだれ筆」は単行本の最後に収録されている。
こちらのサイトでも公開されているので、興味のある方はどうぞ。

会社員・ゴンドーは、誰にも言えない秘密があった。ところ構わずホニャララしてしまう難病なのだ。そんなゴンドーにある日、シャーペンの芯を入れておくという超ウルトラハイパー難題が上司から降りかかる!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー