ネタバレ
これは精神やられる

一番下のコメントへ

表紙こそホラー漫画の雰囲気だったけど、内容はホラーというよりサスペンスに近い。

少年が不良グループと付き合い出したことから、日常日常が壊れ堕ちていくストーリー。

序盤は古屋実作品に近い感じか?とか呑気に構えて読んでたが、どこまでも凄惨でグロテスクな描写が終わりなく続く。。

ある程度、胸糞が悪い展開だったり、グロ耐性がなければ、読み進めるのは難しいと思う…。

全体的にザラザラとした表現が漫画をさらに読み辛いものにしている。さらに登場人物の幻視体験が加わり、台詞が断片的になり、場面が激しく切り替わる。

3巻まではキツいながら読めたのだが、最終巻の4巻は本当に覚悟を決めて読まなくてはならなかった。止めようかとも思ったけど…でも全巻買っちゃったし、ここまで来たら最後まで読むしかないだろうって気持ちで読み切った。

ずっと精神攻撃を受けているような感じで早く終わってくれと願うばかりだった。作品として色々と表現したい意図はあったのだろうけど深くは理解できなかったのが口惜しい。

でも読んだことは後悔はしてない。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー