🎙配信参加者を募集中📮

こちら、フィギュア原型師が集まる工房を舞台にした四コマ漫画なのですが、これが物凄く笑える!ページを進めるごとに積み上がった設定が生きてきて、ぐんぐん面白くなっていく、最近まれに見る爆笑ギャグ漫画です。

△▽ △▽ △▽

オタク語りが止まらなくなる故に普段無口な、フリー原型師の半藤は、尊敬する原型師・桐山a.k.a.滝館おこめ先生が代表を務める工房のメンバーに。

見た目も精神年齢も子供の桐山代表、彼女をうまいこと操る萌え系原型師・斎藤(デブ)、超人見知りな性格と裏腹にマッチョ&クリーチャー系を得意とする女性原型師・羽喰に、メンバー行きつけの喫茶店の店員・実方せっちゃんを加えた面々の、日々のあーだこーだで進むのですが……。

創作愛故の歯止めの効かなさ、顧客からの無茶振りへの対応、メンバー達の濃すぎるキャラクターとそれを普通に受け止めるせっちゃん……そして無口だが心の声の多い半藤のツッコミ!特にオタク心を解する人には、共感と笑いのポイントが多いです。

納期にまーにーあーわーなーいー!の苦しみからワンフェス的なイベント、原型師の3DCG事情等々、楽しい事も大変そうな事も全部笑いに昇華していて、この業界への愛すら感じさせてくれる作品だと思います。そして女性陣がみんな可愛い!

フィギュア業界にちょっとでも興味がある人なら、絶対笑えて「愛せる」作品だと思います。

●試し読み

最新話:第9話 後半 2021/12/27更新。再生(累計): 564470。 全話無料。 コミックス第3巻12月7日発売予定!! https://manga-time.com/comics/cart/m_ma.html 原型師ってなんだ!? 半藤隆太郎は個人で活動するフィギュア原型師。 腕は...

コメントする
『となりのフィギュア原型師』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

参加中のキャンペーン

このクチコミも読まれています

🔥6人が参加中
マンバで『#1巻応援』とは… 漫画家さんにとっても、読者にとっても大事な大事な漫画の第1巻をより多くの人に面白さを知ってもらうため、クチコミをいち早く書いて応援しよう!という取り組みです☝ あなたの「これは全人類が読むべき…!」という思いを、ぜひともマンバに書き込んでください✍🏻🔥🔥 https://youtu.be/3m60xqdW5jM 【参加方法】 タイトルか本文中に「#1巻応援」を入れてマンバにクチコミを投稿! ◆対象作品: 1巻まで発売されている全ての作品(発売時期問わず)。1巻で完結している漫画もOK! ◆メリット: あなたのクチコミをマンバの公式Twitterで紹介! ▼参考画像 https://i.imgur.com/TjhiduP.jpg ▼実際の紹介ツイート https://twitter.com/manba_co/status/1250729291920228355?s=20 ※もし自分が応援したい漫画がマンバで見つからなかった場合、コチラから登録依頼を出すことが出来ます。 ▼作品登録 https://manba.co.jp/free_spaces/10055   また、こちらのトピックでは毎週金曜日に、その週に発売された第1巻の中からスタッフが厳選して紹介します。ここをチェックしとけば、新刊の「推し忘れ」がなくなりますよ〜〜!📚✨ マンバの「最近の1巻」ページでは、過去に発売された1巻を月ごとに見ることができるのでこちらも要チェック! ▼「最近の1巻」 https://manba.co.jp/new_books/first_books またサイト上部のサブメニューにある「クチコミ」から、マンバに投稿された全ての「#1巻応援 のクチコミ」をチェック出来ますよ! ▼「#1巻応援」クチコミ一覧 https://manba.co.jp/topics/hashtags?hashtag=%231%E5%B7%BB%E5%BF%9C%E6%8F%B4
マンバで『#1...
台北で地上げに従事していた青年が、台北から3時間離れた田舎のよろず屋を受け継ぐ物語。そこには「懐かしさ」と一括りにできない、老若男女たくさんの人の縁の物語が待っていた。 よろず屋「用九商店」で提供される品は、よく見ると日本人の私にはよく分からないものが多くて面白い。日常的なもののはずだが一体何に使うのか……。 近所の顔馴染みが集い、話し笑い合うお店の雰囲気も、町の様子も全く垢抜けない。しかし主人公を含めた人の歴史、変わらない廟、ゆっくりとした仕入れと時の流れ、ざらつく質感……店に結びつくそれらが一つひとつ丁寧に描かれると、そこで人生を大切に生きてきた人達の物語を肯定したくなる。 主人公の青年が、周囲の人々に助けられて創り出す新しい店の形も素敵だ。 古い物をただ否定するのではない、過去を大切にしたままで、新しい時代を迎える方法があるのではないかという、今までにない希望の様な物がそこにはある。 ここに住む人達の悲喜交々を、小さくても豊かな人生達をずっと見ていたい。生きる充実感でこちらも満たされる、少しずつ時の進む台湾の田舎の物語を、もう一度読み返したい。 (#1巻応援 としましたが、1・2巻同時発売なので2巻の内容まで含みます)
用九商店
また読みたい
フォロー
1巻を試し読み